キングダムネタバレ682話あらすじ感想考察!崖上で大活躍な干斗が熱い

管理人アース

6月10日発売ヤングジャンプの内容です。

682話「崖上の攻防」。

完全なる死地となっていた影丘の崖を飛信隊歩兵が登りきった描写で終わった681話でしたが、ここからどのような展開となるのか?

やはり崖上に到着した飛信隊の活躍が期待できますよね!

特に歩兵と崖を登っていた羌礼の活躍が楽しみですよ!

そこからどのような展開が待ち受けているのか?

682話の内容を見て行きましょう!

目次

キングダムネタバレ682話あらすじ!

死地影丘の崖上の攻防

不可能と思われた崖をトップで登りきった飛信隊歩兵の干斗。

崖上に到着後、真っ先に趙兵に斬りかかります。

干斗に続く歩兵たち。

完全に虚をつかれた趙軍は、攻め込まれます。

続いて登ってくる味方の為に、投石の仕掛けを壊す干斗。

これにより後に続く歩兵たちは、崖が緩やかなコースからでも登ってこられるようになります。

後輩に助けられて「助かった」と礼を言う尾平(笑)

しかし、趙兵も黙っていません。

とんでもない崖を登って来た干斗たちが疲弊しているはず、と大量の兵で斬りかかってきます。

しかし、全く動じない干斗たち新兵。

いつももっとキツイ修練を積んできたんだ、と相手をさらに圧倒します。

遅れてきた崇原が指示を出し、狩場を制圧します。

そのタイミングで騎馬隊を連れて到着する

「よくやったな お前ら」

到着してまず干斗たち新兵を褒める信。

「ありがとうございます!」と、干斗たち新兵は歓喜します。

場面は桓齮側へと移ります。

桓齮軍右翼の展開

桓齮軍の右翼を担当する雷土軍。

扈輒軍の左翼を担当する龍白公の末子が雷土軍に捕らえられ、将である龍白公が捕らえられているという場に単騎で走ります。

後から「罠です!行ってはなりません」と、叫びながら龍白公を追う兵達。

捕らえられていると伝えられた場に、龍白公が到着します。

しかし、そこには木に縛り付けられ幾本の槍が突き刺ささったまま絶命している末子の姿が。

口を開けたまま声は出ず、震える龍白公の描写。

そこに待ち伏せしていた雷土軍が一斉に龍白公に襲いかかり、終わります。

683話につづく

キングダムネタバレ682話の感想考察!

いや~、崖上に到着してからの干斗達新兵の活躍。

熱かったですよね!

そして憎まれ口を叩きながらも先陣を切り、突破口を作る羌礼の展開。

なんだか歩兵達との関係も良くなってきているな、と感じますよ。

「羌礼が作った穴を広げろ!」と指示する崇原からも、お互いを認めあってきたのではと察せられます。

そして崖上に到着した信。

むちゃカッコいいですよね!

新兵干斗を褒める信なんかもう、本当にカッコいい若き将軍って感じで。

最っこうな信でしたよ!

今回本当の意味で入隊した羌礼と、成長した信の描写。

飛信隊は本当に大きくなったし最高な隊になったな、と感じた682話でした!

いっぽうで、別の意味で相変わらずな桓騎軍(・_・;)

ここからスンナリ展開するとは思えないので、龍白公がどう出るのか?

むっちゃ強くて単騎でも雷土軍を圧倒するのか?

影丘の飛信隊とは違った意味で、次回の展開が気になりますよ…(;´Д`)

飛信隊側と雷土軍側は全く別な展開になるでしょうが、どちらも激しい戦いが繰り広げられるであろう次回683話。

次も見逃せませんよ!\(^o^)/

管理人アース

飛信隊らしい展開の後の桓齮軍は、気持ちがむちゃ凹みます…(;´Д`)

あわせて読みたい
キングダムネタバレ681話あらすじ感想考察!飛信隊歩兵と昴が熱い 6月3日発売ヤングジャンプの内容です。681話「強靭な力」。桓齮側の描写がありまさかのオギコの熱い展開があった680話から一転、今回は飛信隊の話となります。死地影丘...
あわせて読みたい
キングダムネタバレ全ストーリーあらすじ解説まとめ【最新話までの伏線】 始皇帝となる嬴政(えいせい)が中華を統一するまでを描く作品「キングダム」。既に長い物語となっているキングダムを第1話から編ごとにまとめ、考察ポイントをまとめてみ...

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • >羌礼による戦力アップ!!!
      羌瘣とはまた違った強さを感じますよ。
      羌礼の成長も楽しみ(*^^*)

      管理人アース

コメントする

目次
閉じる