キングダムアニメ3期11話あらすじ感想解説!張唐将軍は史実にも登場していた

管理人アース

6月13日深夜放送のキングダム3期11話の内容です。

アニメ3期11話「武将の矜持」。

秦の大将軍張唐と桓齮による奇策により、韓軍総大将成恢(せいかい)を討ち取るという展開となりました。

もちろんその展開も熱かったですが、やはり熱かったのは張唐将軍の最後ですよね!

血を吐きながら韓の成恢(せいかい)を斬る姿は、まさに「これぞ武将」という感じでした。

そんな張唐将軍ですが、史実にも登場する大将軍です。

まずはアニメ3期11話の解説にて、史実の張唐将軍を見て行きましょう!

目次

キングダムアニメ3期11話解説!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-06-14_051725.png

張唐将軍とは

紀元前258年 張唐が魏を攻めたが部将の蔡尉が陣を捨てて守備しなかったので、帰還後に蔡尉の首を斬った。

紀元前257年 鄭を攻め落とした。

紀元前257年 邯鄲を攻め落とせず合流した王齕を従え、寧新中を攻め落とした。

張唐将軍とは、史実にも登場している人物です。

生没年不詳となっているため、合従軍の時点での年齢も分かっていません。

現在のキングダムの合従軍の展開が紀元前241年なので、上記の史実に登場する16,7年前で活躍が記されている人物となっています。

そのため「老将」という設定になっているのかもしれませんね。

ただ目を見張るのは紀元前257年の「鄭を攻め落とした。」です。

国をひとつ滅ぼしている将軍なんですね!

これだけで、大将軍というのが分かりますよ。

キングダムではこれで退場となる張唐将軍ですが、史実ではとんでもない大将軍なのだな、と分かります。

毒を使い、さらに張唐将軍に背を向け逃げる成恢に「大将が背を向けて逃げるな!」と斬り捨てるのも頷けますよ!

まさに「武将の矜持」!

あの桓齮に「調子の狂う」と言わせているところからも「大人物感」が感じられます(笑)

キングダムアニメ3期11話の感想!

楽しみにしていた桓齮の「全部上手いく」。

黒桜たち女性メンバーはもちろん、男をもポッとさせてしまう桓齮の名場面は、やはり見どころがありました(笑)

オギコには、全く響いていない感じでしたが(笑)

さて、今回桓齮と張唐将軍の活躍で韓軍総大将を討ち取る熱い展開となりましたが、次回は「媧燐軍の突撃」となっているので媧燐将軍が登場するようです。

となると、王賁や蒙恬も登場するかもですね!

次回も熱い戦いが見られそうです!

12話も要必見ですよ\(^o^)/

ちなみに2クール目アニメ14話からのOP/ED曲が発表されました。

2クール目アニメ14話からのOP/ED曲が発表

OPはBishの「STACKiNG」

EDは鈴木瑛美子さんの「KIng(澤野弘之楽曲提供)」と発表されました。

Bishが好きなので、1クール目に続き2クール目もBishなのが嬉しいですよ!

さらにEDが、澤野弘之さん提供の曲。

これも楽しみです!

2クール目もアニメキングダム必見ですね!(*^^*)

あわせて読みたい
キングダムアニメ3期12話あらすじ感想解説!オルドはオリキャラと王翦・媧燐の魅力を紹介 6月20日深夜放送のキングダム3期12話の内容です。 3期12話「媧燐軍の突撃」。 前半は王翦将軍とオルド将軍との戦い。 後半は媧燐将軍と騰将軍との戦いが展開していまし...
あわせて読みたい
キングダムアニメ3期10話あらすじ感想解説!媧燐のカットシーンと次回の桓齮名場面に期待 6月6日深夜放送のキングダム3期10話の内容です。 楚の媧燐軍と直接対決を繰り広げている騰軍。 象の登場によりピンチとなった軍を救った録嗚未(ろくおみ)。 しかしそ...
あわせて読みたい
キングダムネタバレ全ストーリーあらすじ解説まとめ【最新話までの伏線】 始皇帝となる嬴政(えいせい)が中華を統一するまでを描く作品「キングダム」。 既に長い物語となっているキングダムを第1話から編ごとにまとめ、考察ポイントをまとめて...

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    タイトルの「武将の矜持」と言う言葉がぴったり当てはまるエピソードでした。
    不倶戴天の敵だった成恢を一刀両断にした張唐将軍の姿は、まさに武人そのものであり涙無しには見られませんでした。

    王騎将軍もそうでしたが、キングダムに登場する将軍達は皆、将軍としての立ち振る舞いや生き様を遺して去っていきすね。
    進撃風に言えば次の生者に意味を託すみたいな。

    麃公将軍はどんな意味を託すんでしょうね。
    今はその場面を見てみたいと見たくないと言う思いが半々です。

    そして今回は桓騎の強さの秘密が垣間見られた回でした。
    確かに勝負事にはカギとなるターニングポイントがありますね。

    桓騎はそれを「潮目」と言っていましたが、刻々と移り変わる戦況を読み取る事に長けている人なのだと感じました。
    壁上に兵を残し少数部隊で敵本陣に切り込む陽動作戦は見事と言うしかありません。

    次週は媧燐が登場するようなので、どんな戦い方を見せてくれるか楽しみです。
    いつか桓騎との夢の対戦カードが実現して欲しいものです。

    • >麃公将軍はどんな意味を託すんでしょうね。
      「火を絶やすでないぞう」と言っていましたよね。
      これは戦況を表す「火」ですが、希望の火を絶やすなみたいな意味に読み取りました。
      絶望の状況の中で信に希望を託した麃公。
      今からあのシーンを観るのが楽しみですよ!(*^^*)

      管理人アース

管理人アース へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる